府中市の歯医者ならのぞえ歯科医院へ
HOME>1DAYペリオとは

1DAYペリオとは

現代の歯周病は・・
認識できていますか? 原因は生活の中!?
親子写真

近年は、成人だけでなく子供にも患者が増えています。
大切な家族に歯周病を感染させてしまうことはとっても悲しいことです。歯周病のことをもっとよく知り、きちんと対処することは、これからもずっと大切な人と健やかに暮らしていくためにとても大切なことなのです。
歯周病菌は、無意識のうちに口内に侵入し私達を蝕んでいきますが、原因は何気なく過ぎていく毎日の生活の中にたくさん潜んでいます。
日々の食事や生活のリズムの変化、気付かないうちのストレスなど、思わぬところに落とし穴があります。昔は成人の病気と言われていた歯周病ですが、現代では子供たちにも増えています。大切な子供たちのためにも、毎日の生活習慣から改善していくことが重要です。

  • ストレスによるホルモンバランスの崩壊
  • 歯ぎしりによる噛み合わせの悪化
  • 喫煙や不規則な生活習慣
  • 体の疲れによる免疫力の低下
  • プラーク(歯垢)の残存
歯周病の恐ろしさ 現代人は「隠れ歯周病」!?

お母さんからお子さんへの食事の口移し。食器の使いまわし。恋人とのキス・・・。歯周病は、近頃の何気ない日常から「感染」する恐ろしい病気です。
『全世界で最も患者が多い病気は歯周病である。地球上を見渡しても、この病気に冒されていない人間は数えるほどしかいない』(引用:ギネスブック2001、きこ書房)というほど30歳以上で実に8割以上の人が歯周病予防軍となる身近な「病気」なのです。自覚症状もなく、気付いたときにはもう病魔が進行している・・・それが歯周病。同じ感染症でも、インフルエンザや性 病には皆、気をつけているのですが、歯周病には無頓着な人が多いのが現状です。それは歯周病の本当の恐ろしさが知られていないからでしょう。歯周病が進行すると、重度の歯周炎になり歯が抜け落ちてしまう危険性があるだけでなく、放っておけばとても怖い内臓系の病気の原因になってしまうことがわかってきています。

従来の歯周病治療
診察

30歳以上の成人の8割が歯周病(歯槽膿漏)になっていること。また歯周病が全身疾患(心臓病・動脈硬化・様々な感染症・糖尿病の悪化・ガン等々)の起因となる事は、様々な分野で報告されております。

しかし、全国で約7万件の歯科医院が存在するにもかかわらず、歯周病患者が減らないのが実情です。一つ起因を探れば、 現行の診療システムに限界があると言えるでしょう。虫歯にしても歯周病にしても、最大の要因は口腔内細菌感染症です。特に歯周病は、現行診療システムではお口の中を各ブロック(上下前後左右で 6 分割)に分割して治療を進めなければなりません。 仮に1ブロック治療完了しても残りの5ブロックに細菌が存在すれば、治療を進めながら完治したブロックを再発させる可能性が非常に高くなる・・・。この事だけでも矛盾を感じて頂けるかと思います。

その他、重度の歯周病(外科を必要とする症例)になると、6~10ヶ月程度(通院日数30~40日程度)の治療期間を要し、治療に伴う痛みや腫れ、そして何よりも患者様の大切な時間をより多く消費する事になります。

最近では、『24時間以内に口腔内歯周病菌を全滅させる事が非常に効果あり』等と各方面で発表されているようですが、実際には多量の麻酔・薬物を使用して治療が行われるようで、やはり治療に伴う痛みや腫れもあり、更には歯周病を治療しても身体の治癒力・免疫力を低下させてしまうのが実情のようです。

当院の歯周病治療の考え方

私どもは、『真の歯科医療』とはと常に考え努力してきた中で、患者様のために『トータルベストをご提供することが最重要テーマ』であるという結論に達しました。

この度の歯周病治療は、無麻酔※1(薬物不要)で光(レーザー)と水(殺菌水)を使用して、1日・1回で治療完了するシステムをスタートしました。また患者様のご協力も頂きながら、術前・術後の血液を採取させて頂き、様々検証させて頂いている中で、日本バイオセラピー研究所照沼先生の研究結果から、この歯周病治療を受けると自己免疫力が上昇するデータも出ております。昨今ガン治療でも行われている温熱療法や免疫療法を取り入れる事により、歯周病治療から自己免疫力を活性させ、お口の中はもちろん全身を体内から再生させることにより、人生の更なる『活力』を目覚めさせる事が出来ると確信しております。

皆様の健康で明るいライフスタイルの構築に、少しでもお役に立てれば幸いです。

(※1:個人差があり、極稀に微量の麻酔を使用する場合がありますが、殆どの症例が無麻酔で行っております。)

免疫療法とは

免疫療法(めんえきりょうほう)とは、身体が自然に有している疾患に対して、防御機構への働きかけをコンセプトにしている治療法で、体内の免疫系を活性させることで治療します。

お口の中には億単位の細菌が存在します。もし歯周病に侵されていれば、仮に『100』の免疫力が全身に有していたとして(図1)、その内『30』の免疫力が歯周病と闘っているとします(図2)。そうすると、残りの『70』で全身の病と闘わなければなりません(図3)。逆に歯周病が治れば、『100』の免疫力がお口以外の全身の病と闘う事が出来る(図4)。つまり、病への抵抗力が上昇して、全身の健康促進へと直接繋がります。

免疫力は高低の個人差があります。本来有する免疫力が高ければ病に対する抵抗力も強く、逆に免疫力が低ければ病に対する抵抗力も弱くなります。歯周病を治しても免疫力・抵抗力が上昇しない方、また元々免疫力・抵抗力が低い方もいらっしゃいます。その方のために、『免疫活性療法(NK治療)』をお勧めしております。この療法は、ご自分の血液を採取して、免疫活性細胞(NK細胞)を抽出します。それを培養して増やし、点滴で体内に戻します。それにより、全身の免疫力・抵抗力が確実に上昇します。

不妊症 肺炎 認知症 口腔疾患 心臓病 糖尿病 歯周病が関与している病気 ※歯周病が原因の一端となっています。 歯周疾患
ドライマウス症 口臭 心疾患 糖尿病 低体重児・早産 誤嚥性肺炎 摂食・嚥下障害 痴呆

問い合わせ
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。